カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -

分類一覧

ログ検索

検索フォーム
キーワード

インデックス

私たちの会を紹介します。

森林

 ふるさとの自然を見直し、本物とは何かを考え、環境の破壊と心の崩壊は同根との意識のもと、かけがえのない自然を保護・保全・回復することは、いのちと心を育む教育でもあり、環境と共生した維持可能な本物のふるさとの森である「いのちの森」作りを目指し、新潟県長岡市にて1982年(昭和57年)に発足し、平成16年10月にNPO法人格を取得しました。


記事一覧

緑のシンポジウム開催! 千年の森―みんなでつくるふるさとの森―

ファイル 37-1.pdf

↑ ここをクリックして下さい。

当法人は創立32周年・法人化10周年を記念しまして、下記の様に記念講演会と
シンポジウムを開催いたします。
参加費は「無料」です、多くのご参加者をお待ちしております。     (先着200名、要申込)

“千年の森―みんなでつくるふるさとの森― 緑のシンポジウム”
「ふるさとの森づくりは人づくり」

□ 日 時 平成26年9月13日(土) PM4:30開演(PM4:00開場)
□ 会 場 会館 青善(長岡市表町4-3-9 TEL:0258-34-4411)
□ 入場料 無料(先着200名、要申込)

入場ご希望の方は、当法人へ電話でご連絡いただくか、パンフレットの「基調講演・シンポジウム 参加申込書」にご記入の上、FAXにてお申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

夏の合宿(山形 蔵王坊平高原・温身平ブナ林)

ファイル 41-1.jpgファイル 41-2.jpgファイル 41-3.jpgファイル 41-4.jpgファイル 41-5.jpg

7月19日~20日 小雨降る中、バスは山形県蔵王方面へ向かう。山形へ向かうに従い雨は強くなるが、この合宿の成功と無事帰還を祈願し乾杯をする。
祈願の効果か、蔵王エコーラインで頂上に着く頃、すっかり雨は上がった。
早速、御釜見学と御田神湿原に分かれ散策、御釜は眼下が雲海で少しも見る事出来ず残念、でもリフトで登った頂上には可憐なハクサンチドリに迎えられた。湿原は至る所ハクサンシャクナゲが満開であった。
 帰路は、山形と言えば「ワイン」マホロバの里、南陽高畑ワイナリで試飲、8種類の試飲で気分も高揚、標高800mの山間の宿に着いた頃すっかり夏の夕日も暮れていた。
 翌朝7時30分宿を出発、
今回合宿のメインである、飯豊連峰と朝日連峰から流れる、玉川渓流沿いに総延長5,5Kmの、森林セラピー「温身平」「ブナの森・セラピーロード」がある。
集合記念撮影の後、帰路時間だけを決め、各自セラピーロードへ散って行く。
とても歩き易く、5~6分歩くと樹齢200年の国内最大級「ヤチダモ」の巨木」が私達を迎えくれた。森の中には湧水で出来た小さな池は、アオカエルの巣やクロサンショウウオの繁殖池でもあった。
何時も理事長が本物の「ブナの森」とは、これでありブナの癒しとブナの温もりを沢山吸収出来た小道であった。少し時間が少なかったかな?
帰路、鷹巣森林公園に立ち寄り、予定コースを全部終了、例会通り黒崎PAで解散式を行い一路長岡へ予定通り到着。

ページ移動